ゲーミングモニター ps4

ゲーミングモニターまとめ【PS4】

ゲーミングモニター ps4

PS4用のゲーミングモニターを選ぶ際には、最低限の条件としてフルHD以上の画面解像度が必要です。

 

加えて応答速度が1ms以下のモニターを選ぶことにより、少なくともゲーム画面の速い動きについて行けるだけの応答速度が得られます。

 

次に、プレイするゲームタイトルが家庭用ゲーム機用のみであれば、画面解像度を好みで4K対応のものへアップグレードしても良いでしょう。

 

ゲーミングモニターを家庭用ゲーム機専用に使うならば、HDMIポートは1つで間に合いますが、パソコンにも繋ぐ予定があるならば繋ぎ変えが面倒ですからHDMIポートが2つ付いているタイプを選びます。

 

一方、パソコンゲームをプレイする際には、FPSやレーシングゲームなど1フレームごとの動きが勝敗を左右することになるので、リフレッシュレート144Hzに対応しているゲーミングモニターを選ぶと良いでしょう。

 

高解像度かつ高フレームレート数でプレイするためには、パソコンとの接続方法としてHDMIでは不十分となるので、DisplayPortが付いているモデルを選択する必要があります。

 

最終的には、プレイしたいと考えているゲームタイトルとハードウェア環境によりゲーミングモニターを選ぶと良いです。

PS4でゲーミングモニターは必要?不要?

ゲームを行なうためには、一般的なPCモニターだけでなくテレビに繋いでもプレイ可能です。

 

わざわざゲーミングモニターが必要になるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

 

しかし、プレイするゲームの種類によっては、ゲーミングモニターを利用した方が快適にプレイできることが分かっています。

 

かつては家庭用ゲーム機をブラウン管テレビに繋いでモニターとして利用していた経験がある人ならば、液晶テレビに繋いでプレイしても問題ないと考えても不思議ではありません。

 

しかし、実際にプレイしてみると目が疲れたりゲーム画面がブレてしまいストレスが溜まってしまう状態となります。

 

ブラウン管テレビでは表示遅延が起きていませんでしたが、液晶モニターには表示遅延が発生しやすく、ゲーム側のフレームレート数と液晶モニターのリフレッシュレートが合っていなければ、遅延による影響で動きが早いゲームタイトルほど正常な動作になりません。

 

解像度よりもフレームレートが重要となる点を理解すれば、ゲーミングモニターの必要性が十分に理解出来るでしょう。

 

一度テレビとゲーミングモニターのカタログ詳細情報を比較してみると分かりやすいです。

ゲーミングモニターを使ってみた感想

ゲーミングモニターを実際に使用してみると、発色の良さに驚くでしょう。

 

応答速度だけを考えがちですが、応答速度1msかつリフレッシュレート144Hzを実現しているゲーミングモニターでは、発色性能についても妥協をしていません。

 

ブルーレイディスクを再生して映画を見た時にも、十分に美しい発色を実感できるはずです。

 

ゲーミングモニターは、事務作業を行なう時には光沢度合いと発色性能の高さを抑える設定を行なうことで、多目的に利用可能です。

 

今まで使っていたモニターでも家庭用ゲーム機を繋いでプレイ出来ましたが、ゲーミングモニターを使うことで同じゲームタイトルとは思えないほど滑らかな動きが分かります。

 

パソコンゲームでFPSタイトルをプレイすると、今まで苦戦していた相手に対して、勝てるようになったことに驚きます。

 

僅かな遅延が発生するだけでも、ゲーム内での勝敗を左右することになるので、ゲームプレイが上達したように感じられます。

 

テレビ1台を購入するほどの予算を出さなくても、2万円程度で入手出来るゲームモニターをなぜ最初から使わなかったのかと思うはずです。

ゲーミングモニターの価格相場

ゲーミングモニターならば、高級品が多いと考えがちですが、基本的には24インチ程度の画面サイズで2万円弱程度が相場となっています。

 

価格を決定付ける違いとして、モニターサイズだけでなく、接続可能なポート数と種類が影響しています。

 

家庭用ゲーム機とゲーミングモニターを接続する際には、HDMI形式が一般的ですが、パソコン用モニターとしても使用出来るので、HDMIポート数は2ポートあると毎回繋ぎ直しを行なう必要が無くなるので便利です。

 

DVI端子だけでなく、DisplayPortを搭載しているゲーミングモニターならば、パソコンとの接続方法が複数用意されていて便利でしょう。

 

画面サイズが大きくなれば、相場も2万円を超えて来ますが、あくまでもモニターですからTVチューナーを搭載している一部のモデル以外では極端に高額になることはありません。

 

多くのゲーミングモニターではフルHDに対応していますが、高解像度モデルでは4K対応となっていると、価格が上昇する傾向にあります。

 

実際にプレイするゲームで4K画質が必要かどうかという点から判断すれば良いです。